外国為替証拠金取引(FX)とは?/FXの取引時間は?

外国為替証拠金取引(FX)とは?@

1998年に外為法が改正されたことにより、
為替取引が、
個人投資家にも広く解放されるようになりました。

 

この法改正によって、新しい金融商品として
「外国為替証拠金取引(FX)」
が、日本でも取り扱われることになったのです。

外国為替証拠金取引(FX)とは?A

ちなみに、海外では、以前から、
FXは、金融商品として存在しています。

 

FXは、
外貨預金の代替としても利用することができますが、
手数料やリスクの面から見ても、
外貨預金よりもかなり有利です。

 

なので、外貨預金をするのであれば、
FXを外貨預金として
利用することをおすすめします。

 

ただし、FXの場合には、
取引業者を慎重に選ぶ必要はあります。

 

といいますのは、
FXは新しい金融商品で、法整備が遅れていたこともあり、
以前は悪徳業者多く存在していたからです。

 

その後、平成17年7月に、
取引業者に対する規制を課す法律として
「改正金融先物取引法」が施行され、

 

現在のFX取引業者は、金融庁の監督下に置かれましたが、
それでも完全に悪徳業者が淘汰されたとは考えにくい状況です。

 

よって、FX取引業者選びは
特に慎重に行う必要があるのです。

 

スポンサーリンク

FXの取引時間は?

FXは、日本時間の
月曜日の午前6時から土曜日の午前6時※まで
が取引時間となります。

 

つまり、月曜日の朝から土曜日の早朝まで、
土日を除いては
24時間いつでも取引できるということです。

 

※米国が冬時間になる11月から3月までは、
月曜日の午前7時から土曜日の午前7時までです。

なぜ、FXは24時間取引できるのですか?

FXが24時間取引できるわけは、
世界に時差があるからです。

 

具体的には、
午前5時からニュージーランドで為替取引が始まり、
その後、オーストラリア、
午前9時頃には東京市場での為替取引が始まります。

 

そして、シンガポールや香港の市場も始まり、
日本時間の夕方4時頃には、ロンドン市場が始まります。
最後に、午後10時頃から
ニューヨーク市場に取引は移っていきます。

 

ニューヨーク市場が終わる頃には、
次の日のニュージーランド市場が開かれるので、
24時間ずっと取引ができるというわけです。

 

スポンサーリンク