長期トレンドの転換時期は?

トレンドによる市場動向の見方は?@

トレンドを把握する場合には、
長期(プライマリー)、中期(セカンダリー)、マイナー(短期)
のいずれかで見ているかにより、
その市場動向の見方は異なります。

 

例えば、終わりの時点を2007年12月にそろえた
ドル円の34年分の月足、5年分の週足、
1年分の日足を見てみます。

トレンドによる市場動向の見方は?A

すると、
月足チャートで、変動相場制に移行して以来の
ドル円の長期トレンドを見ますと、総じて円高です。

 

円安トレンドを示す時期もありますが、
大局で見ますと円高で推移し、
変動幅が以前と比較して小さくなってきたことがわかります。

 

つまり、極端にいえば、
長期トレンドで考えれば、ドル円市場では、
小幅円高と毎年予測しておけば済んでしまいます。

 

このような長期トレンドというものは、
今日明日、あるいは今週今月の
相場動向で勝負している投資家にとっては、

 

あまり役に立つものではないかもしれませんが、
大局観を把握しておくことは非常に重要です。

長期トレンドの転換時期は?

長期トレンドの転換については、
世界的な構造に変化をもたらすような経済的要因
(東南アジア・南米・BRICsの台頭など)
のみならず、

 

戦争(東西冷戦やテロなど)といった
社会的・政治的な要素を持つ
ビッグ・イベントなども影響を与えることが多いようです。

ポジションを持つとは?

ポジションを持つというのは、
取引している状態のことをいいます。

 

例えば、米ドルを1万ドルを買っているのであれば、
「1万ドルの買いポジションを持っている」
などといいます。

 

スポンサーリンク