FXに有利な時間帯は?/レバレッジとは?

FXに有利な時間帯は?@

FXは24時間取引できますので、
いつでも好きなときに取引できます。
しかしながら、為替が動く時間帯というものもあります。

 

具体的には、ロンドン市場が始まる
東京時間午後3、4時頃〜6時頃と、

 

ニューヨーク市場が始まる、東京時間午後10時〜11時頃が、
最も激しく為替が動きます。

FXに有利な時間帯は?A

なので、東京市場が開いている
日本時間の午前中や昼過ぎといった時間帯は、
どちらかといえば静かな動きをしています。

 

これは、アジアよりも欧米の方が
為替取引が活発に行われているためです。

 

よくサラリーマンは、株よりも為替の方が
取引しやすいと言われるのは、
このように、為替相場が
日本時間の夕方から、夜を中心に動いているからです。

 

スポンサーリンク

FXの税金は?

FXの取引で発生した利益に関しては、
すべて雑所得として総合課税の対象になります。

 

よって、確定申告をしなければなりません。

 

しかしながら、年間の給与収入額が
2,000万円以下の給与所得者で、

 

雑所得を含めた他の所得の合計額
(給与、退職所得は除く)が、
20万円以下の場合には、
確定申告をする必要はありません。

レバレッジとは?

FXがハイリスク・ハイリターンであると言われる一番の要因が、
このレバレッジを利用した取引が可能であることです。

 

レバレッジというのは、テコの原理という意味です。

 

証拠金取引というのは、少ない証拠金で
大きな資金をやり取りできる取引のことをいいます。

 

株の信用取引でも
レバレッジは使われますが、3倍が限度です。

 

しかしながら、FXでは、取引会社によっては
200倍とか400倍ものレバレッジを掛けることもできます。

 

ただし、よほど慣れるまでは
こんなに高いレバレッジをかけて取引してはいけません。

 

一般的には、レバレッジは、
最高でも10倍程度までのようです。

 

具体的にレバレッジ10倍ですと、
1万ドル(1ドル=100円の場合は100万円)
売買するのに必要な証拠金は10万円になります。

 

スポンサーリンク