中・短期のトレンド転換の要因は?

中期のトレンド転換は?@

例えば、2007年12月を終わりの時点とする
ドル円相場の過去5年分の
週足チャートを見ますと、

 

3年ほど続いた円安トレンドが終焉を向かえ、
円高トレンドに入ったと見ることができます。

中期のトレンド転換は?A

この中期トレンドの転換点には、
しばしば先進国の為替政策や経済状況といった
先進主要国を中心とした
経済的な出来事が影響を及ぼすことが多いようです。

 

現在、サブプライム問題のような、
先進国の金融危機を中心として起きた経済問題が、
世界経済に大きな影響を与えていますが、

 

中期的な週足チャートにおいて
明らかにトレンドを転換させた要因であることがわかります。

 

今後は、このトレンド転換が
長期トレンドの転換になるのかが注目されるところです。

 

スポンサーリンク

短期のトレンド転換についてはどうですか?

例えば、日足チャートで
2007年の短期トレンドを見ますと、
円安・円高局面が交互に訪れていることがわかります。

 

これは、中期トレンドや長期トレンドに
影響を及ぼす要因であることはもちろんですが、

 

この短期トレンドの転換には、
経済指標や要人発言、投資家のポジションや心理、
ウワサなど様々な要因が影響を及ぼします。

 

なお、多くの外為市場参加者が
この短期トレンドの中で勝負をしていますので、

 

個人投資家も長期トレンドで一応の大局観を持ち、
中期トレンドに影響を及ぼす要因を相場観の軸としながら、

 

中期トレンドの中に現れる
いくつかの短期トレンドを形成する要因を捉えて、
日々の投資判断をしていくようにしたいところです。

 

スポンサーリンク