外貨預金とFXでは何が違うの?

外貨預金とFXの違いは?@

誤解しないでいただきたいのですが、
FXで取引する際に
レバレッジをかけなければいけないというものではありません。

 

実際、レバレッジを掛けない(レバレッジ=1倍)で、
100万円の証拠金で
1万ドルの取引をしても何も問題はないのです。

外貨預金とFXの違いは?A

100万円の証拠金で
100万円(約1万ドル)の売買をしたら、
レバレッジは1倍ですが、
これは、外貨預金と同じことです。

 

外貨預金と違うのは、
FXの場合は買いからだけでなく、
売りからも取引に参加できることです。

 

外貨預金の場合には、円高になると損をしますが、
FXの場合には、ドルを売っておけば、
円高で儲けることもできるのです。

 

なので、レバレッジ取引は怖いという人は
無理にレバレッジをかけずに、
外貨預金の代替として
FXを利用するのもよいと思います。

 

何より、FXは外貨預金と比較して
手数料がおよそ10分の1程度なので、
取引コストが格安です。

 

さらに、高金利通貨を買った場合には、
スワップ金利(円との金利差)という利子が毎日もらえます。

 

ちなみに、24時間取引なので、
いつでも反対売買をして取引を終了させることもできます。

 

よって、外貨預金を考えている人は、
FXを外貨預金として利用することをおすすめします。

 

なお、FXは、外貨MMFと比較しても
同様に有利です。

 

スポンサーリンク