スワップ金利とは?

スワップ金利とは?

スワップというのは
交換するという意味ですが、

 

FXでは異なる通貨間の金利差を受け取ったり、
支払ったりすることをスワップといいます。

 

例えば、ドルは円、より金利が高いですから、
ドル買いなら、スワップ金利の受け取り、
ドル売りなら、スワップ金利の支払いということになります。

外貨預金のように長期投資したい場合は?

長期で保有する場合には、
高金利通貨の買いから入るとうい戦略もあります。

 

高金利通貨の売りの場合には、
手数料+スワップ金利の支払いとなり、
どんどん資産が目減りしますから、
売りはやはり短期勝負の手法ということになります。

 

外貨預金のように
FXを利用したいという場合には、
レバレッジを2〜3倍程度にして、
スワップを毎日受け取るというのもよい方法といえます。

 

スポンサーリンク

ポジション保有期限は?

FXの場合は、通常の先物とは異なり、
決済期限がありません。

 

なので、好きなだけ
ポジションを保有し続けることができます。

 

1年もすると
スワップ金利もかなりの金額になります。

 

ただし、このような
スワップ金利を目的とした運用の場合は、
証拠金をたくさん用意して、
追証にならないようにする必要があります。

 

スワップ金利は、
土日を含む365日毎日発生します。

 

つまり、高金利通貨を買った場合には、
毎日利子がもらえるということです。

 

FXでは、為替差益を狙う方法と、
このようにスワップ金利を稼ぐ方法の2つの方法で
利益を積み重ねることができるのです。

 

スポンサーリンク