FXのスプレッドという手数料とは?

FXの手数料は?@

FXには手数料がかかります。
この手数料は株と同じように、
買ったときと売ったときの両方にかかりますが、

 

その目安としては
高くても1万ドルの売買で片道1,000円、
往復で2,000円程度です。

FXの手数料は?A

それ以上に手数料を取る業者は、
高すぎるので
敬遠した方が無難かもしれません。

 

FX業者の中には、
1日の間に反対売買した場合には、
片道分の手数料になるところもあるようです。

 

また、最近では
手数料無料の業者も出てきています。

 

ただし、手数料が安くても、
売買に必要な情報配信サービスが少なかったり、
取引画面の使いが手が良くなかったりすると、
不安やストレスの原因にもなりますので注意が必要です。

 

初心者向けのセミナーを行っていたり、
定期的にメールマガジンを発行していたりと、
手数料分のアフターサービスに
力を入れているところもありますので、

 

サービス面でのフォローも欲しいという人の場合には、
多少の手数料は
サービス料と考えても高くはないかもしれません。

 

スポンサーリンク

スプレッドという手数料

FXの手数料は、
往復の売買手数料のみと思いがちですが、
買値と売値の差であるスプレッドも手数料です。

 

なので、手数料を考える場合は、
必ず1回の売買にかかる手数料とスプレッドの
両方を合計した金額で考えなければなりません。

 

例えば、1万ドルの売買につき、
1回の売買手数料が往復で2,000円、
スプレッドが500円だとすると、

 

買値(売値)より
25銭以上高い(安い)ところで決済しないと、
実質的には、
儲けにならないということになります。

 

ただし、1日に為替レートが
25銭も動かないという日はありませんから、
1日のトレードであっても
十分に値幅をとることは可能です。

 

スポンサーリンク