マージンコールとは?

マージンコールとは何ですか?@

FXは証拠金取引ですが、
この証拠金取引というのは、

 

取引を維持するために
一定水準以上の証拠金が
口座に入っていることが条件となっています。

マージンコールとは何ですか?A

なので、為替の変動によって
含み損が増えた場合には、
証拠金が不足するという事態になります。

 

この場合、取引を継続したい、
つまり保有しているポジションを持ち続けたいのであれば、
追加の証拠金を口座に入金する必要があります。

 

FX業者にもよりますが、
およそ維持証拠金が50%を下回ると
マージンコールが発生します。

 

このマージンコールというのは、
警告通知のアラーム機能のことをいいます。

 

つまり、メールなどで、
「証拠金の金額が不足していますので、すぐに追加の証拠金を入れてください」
というお知らせがくるのです。

 

ちなみに、維持証拠金が不足しているので、
追加でどんどん資金を入金するように言ってくる業者は
悪徳業者であるケースが多いので注意が必要です。

 

為替取引での含み損が、どんどん膨らんでいて、
さらに、その相場の流れが当面続きそうであれば、

 

本来は、
「一度決済して損失を確定し、逆のポジションを持ちましょう」
とか、
「為替相場の動きが落ち着いてからポジションを取り直しましょう」
と言うのが正しいアドバイスだからです。

 

資産を目減りさせることは避けなければなりませんので、
相場の動きがわからないときは売買を控えるか、
早めに損切りして様子を見る方がよいと思います。

 

なお、業者によっては、強制決済はあっても
マージンコールは導入していないところもあるようです。

 

スポンサーリンク