強制決済とは?

強制決済とは?@

例えば、維持証拠金が20%
(業者により%は異なります)
を下回ったら、
強制的にポジションを決済されてしまいます。

 

強制決済というのは、
含み損をそれ以上拡大させないために、
良心的に損失を限定させてくれる機能です。

強制決済とは?A

この機能があるおかげで、
口座に入っている金額以上に
損失が増えることがないのです。

 

つまり、口座に100万円入っているのであれば、
すべてのポジションが
証拠金不足で強制決済されたとしても、
20%分の余剰資金は口座に残るのです。

 

強制決済と聞くと、
イメージとしてはマイナスの感じがしますが、
実はマージンコールや強制決済(ストップロス制度)
は、

 

顧客の資産を
0円にしないようにしてくれているのです。

 

ちなみに、FX業者によっては、
強制決済の基準が20%でなく、
もっと低い数%に設定しているところもあります。

 

上級者向けの場合は、
より少ない証拠金で多くの利益を狙いやすいように、
マージンコールや維持証拠率20%での
強制決済を導入していない場合があるからです。

 

FXが
外貨預金や株の現物と決定的に異なるのは、
このような制度があるからです。

 

マージンコールや強制決済が嫌な人は、
レバレッジを2〜3倍程度に低く抑えるようにしましょう。

 

証拠金がたくさん入っていれば、
こういった心配は不要ですからね。

 

スポンサーリンク