どの通貨ペアを選んだらいい?/ドル/円の特徴は?

通貨ペアはどれくらいある?@

外貨預金と比較すると、
FXで取引できる
通貨ペアというのはかなり多いです。

 

ちなみに、
マイナー通貨まで扱っているFX取引業者では、
何十種類もあったりします。

通貨ペアはどれくらいある?A

基本は、
円との通貨ペアの取引になると思いますが、

 

円との通貨ペアだけでなく、
ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドルなど、
ドルとの通貨ペアなど
さまざまな通貨ペアの取引が可能です。

 

ちなみに、ユーロ/ドルは、
為替取引の中心になりますので、
参考にレートの動きを見るようにするとよいと思います。

どの通貨ペアを選んだらいい?

日本に住んでいると、
ドルと他の通貨との動きといっても
今ひとつピンとこないかもしれません。

 

下手にわからない通貨同士の取引をして、
混乱してしまっては、
儲かっているのか損しているのかも
わからなくなってしまいます。

 

なので、基本的には、
ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、NZドル/円、
ポンド/円、カナダドル/円、ユーロ/ドルくらいで、
それ以上に手を広げなくてもよいと思います。

 

通貨には、それぞれ特徴がありますので、
できれば、自分の得意の通貨ペアを2〜3個見つけて、
その通貨ペアの動きを
じっくり追いかけた方が効率的です。

 

スポンサーリンク

ドル/円の特徴は?

ドル/円は、
もっとも基本的な通貨ペアになります。

 

ドル/円でしたら、
日本人にとって馴染み深いし、
テレビや新聞などでも
為替レートを毎日報道していますので、

 

現在の為替レートがいくらであるのか
知っている人も多いと思われます。

 

為替関係のニュースは、ほぼドルに関するものなので、
円高とか円安とか言っていても、
それはドルに対して円が高いのか安いのか
を言っていますので、注意したいところです。

 

つまり、例えば、
ユーロに対しては、円安になっていても、
ドルに対して円高であれば、
ニュースなどでは円高と言うからです。

 

ドルは世界の基軸通貨ですので、
すべての通貨はドルとの取引が中心になります。

 

なので、仮にドル以外の通貨を売買する場合でも、
ドルの動きには常に注意を払う必要があります。

 

スポンサーリンク