テクニカル分析とトレンドライン、ローソク足...

テクニカル分析の種類は?@

テクニカル分析というのは、次の2つに大別されます。

 

■トレンド系
⇒ 価格推移の形状・傾向などで
上昇・下落・横ばいのトレンドを把握し、
トレンドの反転や転換点を見極めるテクニカル分析です。

テクニカル分析の種類は?A

■オシレーター系
⇒ 価格上昇・下落などの勢い・スピードの強弱を、
公式に当てはめて数値によって判断するテクニカル分析です。

 

⇒ 代表的なものに、次のようなものがあります。
・RSI(Relative Strength Index)
・MACD(Moving Average Convergence/Divergence)
・ストキャスティックス...など

 

スポンサーリンク

トレンドラインとは?

トレンドラインというのは、
テクニカル分析の用語の1つであり、

 

相場の上昇・下降のトレンド(趨勢)が
グラフ上でよくわかるように引いた
ラインのことをいいます。

トレンド追随型指標とは?

トレンド追随型指標というのは、
テクニカルチャートの1つで、
主としてト、
レンドの方向性を分析する指標のことをいいます。

ローソク足とは?

ローソク足というのは、
1日や1週間、あるいは1分など

 

一定期間の価格変動を、次の4つで示し、
黒や白の色分けされた「足」で表現する、
日本では、
一般的なチャートのことをいいます。

 

■始値(最初の値段)
■終値(最後の値段)
■高値(一番高い値段)
■安値(一番安い値段)

 

スポンサーリンク