ドル安とドル高政策とは?

ドル安とドル高政策とは?@

為替の動向を読む際には、
景気よりも、政策のほうが重要です。

 

景気が良くても悪くても、
米国が、政策的に為替を動かそうと思えば、
景気など関係なくなるからです。

ドル安とドル高政策とは?A

最もわかりやすいのが
1985年の「プラザ合意」です。

 

この政策で、円高が一気に進みました。
これは、意図的に
米国が円高ドル安に誘導したのです。

 

しかしながら、これ以上の円高は
世界経済に悪影響との判断から、

 

1995年の1ドル=79円にまでなった円高は、
協調介入によって
米欧日の同意で介入が行われ、
一斉に円売りが実施されました。

 

その結果、今度は為替が円安方向に振れ、
1998年には1ドル=140円を超えるようになったのです。

 

このように、
強引に為替レートを操作する政策が
取られる場合がありますので、

 

特に米国の政策を無視した取引は
してはいけないということになります。

 

世界の為替に最も影響を与えるのが、
米国の政策ということを覚えておくとよいと思われます。

 

なお、ドル/円は、3〜4年周期で
円高と円安を繰り返す動きとなっているのが特徴です。

 

スポンサーリンク

円とユーロの関係は?

ドル、ユーロ、円は、世界の3大通貨であり、
それぞれアメリカ、ヨーロッパ、アジアと
世界の主要地域を代表するマネーです。

 

為替というのは、通貨ペアと言われるように、
ある通貨を売って、ある通貨を買うということです。

 

つまり、為替は通貨の交換ですから、
円を売ったら売りっぱなしではなく、
必ず何かの通貨を買うことになるのです。

 

為替の大きな動きは、
ドル、ユーロ、円のどの通貨を売って、
どの通貨を買うのかで決まりますから、

 

その動きを予測するには、
ドル、ユーロ、円の
どこにお金が集まっているのかを考えればよいのです。

 

ユーロが買われる場合は、
ドルか円が売られている場合です。

 

このとき、ドルと円の両方の通貨が売られて
ユーロが買われる場合もあれば、
円かドルの片方が売られてユーロが買われる場合もあります。

 

よって、ユーロ/円の取引では、
ドルとユーロの関係にも注意しながら
取引することが大切になってきます。

 

スポンサーリンク