キャリートレードとは?/為替損益の計算は?

キャリートレードとは?

キャリートレードというのは、
高金利通貨を買って、低金利通貨を売ることで
資産を運用する手法です。

 

日本はほぼゼロ金利なので、
円を売って、豪ドルやNZドルなどで
資産を運用する個人投資家も増えてきています。

キャリートレードは日本人の特権ですか?

円を売って高金利通貨を買うというのは、
日本人だけが行っているわけではありません。

 

円を売って高金利通貨を買う動きというのは、
海外でも活発だからです。

 

ちなみに、ヘッジファンドなどは、
このキャリートレードを使って
円売りを仕掛けてきたりします。

 

日本人がFXで円以外の通貨ペア、
例えばユーロ/ドルなどを売買できるのと同じように、
海外勢も円の通貨ペアを売買できるのです。

 

現在の日本のゼロ金利というのは、
異常なレベルなので、円は現在、
キャリートレードには、最適な通貨として注目されています。

 

日本は一般的な見方としては、
当分ゼロ金利が続くと言われていますので、

 

諸外国との金利差が拡大すれば、
今後ますますキャリートレードの動きが
活発になる可能性があります。

 

なお、FX業者などのニュースやレポートなどで、
キャリートレードという言葉に出くわしたら、
高金利通貨が買われているのだと思ってください。

為替損益の計算は?

FXで実際に取引したときの為替損益を
どのように計算するのかについて考えてみます。

 

為替損益から往復の手数料を差し引いたものに、
スワップポイントを足したものが合計の損益になります。

 

この際の手数料には、
往復手数料以外にスプレッドも含まれますが、
これは為替損益に含まれますので、
具体的な計算式としては次のようになります。

 

⇒ 合計損益=為替損益−往復手数料+スワップ金利

 

スポンサーリンク