ストキャスティクスとスローストキャスティクス...

ストキャスティクスとは?@

ストキャスティクスというのは、
代表的なオシレーター系指標の一種です。

 

ストキャスティクスは、
ある一定期間の高値と安値の値幅に対する
当日の終値の相対的な位置によって、
買われすぎ、売られすぎを評価するものです。

ストキャスティクスとは?A

このストキャスティクスでは、
%Kと%Dという2本の線の関係が重要で、
その数値は0〜100%で表示されます。

 

そして、一般にストキャスティクスは、
次のように判断します。

 

■%K(Kライン)が70%以上の場合 ⇒ 買われすぎ
■%K(Kライン)が30%以下の場合 ⇒ 売られすぎ

 

ただし、このKラインだけでは
シグナルとしては不十分なので、
Kラインを修正した%D(Dライン)を
以下のように合わせて併用します。

 

■Dラインが70%以上でKラインと交わったとき ⇒ 売りシグナル
■Dラインが30%以下でKラインと交わったとき ⇒ 買いシグナル

 

特に、85%以上の領域にあるときの売りシグナル、
15%以下の領域にあるときの買いシグナルは、
信頼性が高いと言われています。

 

しかしながら、このKラインとDラインの関係は、
実際にチャートを見ていただくとわかりますが、
少々荒くて、見にくいという欠点があります。

 

そこで考え出されたのが、
「スローストキャスティクス」というラインになります。

 

スポンサーリンク

スローストキャスティクスとは?

スローストキャスティクスというのは、
ストキャスティクスのKラインにDラインの役割を持たせつつ、
本来のDラインの役割を
slow%D(SDライン)に持たせたものです。

 

これによって、スローストキャスティクスのチャートは、
ストキャスティクスよりも滑らかで見やすくなっています。

 

実際に、ストキャスティクスとスローストキャスティクスを
見比べてみるとよくわかるのですが、

 

ストキャスティクスでは、
ゴツゴツしていてFX初心者の人ですと、
どこが売買ポイントなのかよくわからないかもしれません。

 

しかしながら、スローストキャスティクスでは、
それが滑らかですのでよくわかると思います。

スローストキャスティクスの売買ポイントは?

一般的なスローストキャスティクスの売買ポイントは、
次のようなものになります。

 

■%SDラインが85%以上で%Dが%SDを上から下抜いた場合 ⇒ 売りシグナル
■%SDラインが15%以下で%Dが%SDを下から上抜いた場合 ⇒ 買いシグナル

 

スローストキャスティクスについては、
これだけ覚えておくだけでも十分実践で役に立ちます。

 

スポンサーリンク