一目均衡表の雲、転換線と基準線...

一目均衡表とはどのような指標ですか?

一目均衡表というのは、
一目山人(本名、細田悟一)氏が、
延べ2,000人の学生と7年の歳月をかけて完成させた、
独自の相場分析手法です。

 

また、一目均衡表の公式解説本は
4巻に及びますが、完全にマスターするには、
何年もかかるといわれています。

一目均衡表の構成

一目均衡表

 

一目均衡表は、
転換線、基準線、先行スパン1、先行スパン2、
遅行スパンの5本の補助線と
ローソク足から構成されています。

 

このうち、先行スパン1と先行スパン2に
はさまれている部分は「雲」と呼ばれ、
重要な抵抗帯とされています。

 

また、基準線は
トレンドを示唆する線とされていて、
基準線が向いている方向は、相場の方向でもあるとされ、
非常に重要な意味を持っています。

 

スポンサーリンク

一目均衡表の「雲」とは?

一目均衡表で
最もわかりやすいのが「雲」と呼ばれる抵抗体です。

 

一目均衡表は、
転換線、基準線、先行スパン1、先行スパン2、
遅行スパンの5本の補助線からなっていますが、

 

このうち「先行スパン1」「先行スパン2」
の2本の線にはさまれている部分が
「雲」と呼ばれ、

 

この雲より上にいる間は、
保有し続けてもOKと判断されます。

 

この雲は、
視覚的に非常にわかりやすいので便利です。

転換線と基準線の求め方は?

転換線と基準線は、次のように求めます。

 

■転換線 
⇒ (過去9日間の高値+安値)÷2

 

■基準線 
⇒ (過去26日の高値+安値)÷2

 

スポンサーリンク