為替レポートは重要?/損切りとは何?

為替レポートは重要ですか?@

為替のチャートは、株よりも、
かなりきれいなチャートを描いていますが、
これはプロが皆同じ指標を目安に
売買しているからといっても過言ではありません。

 

為替レポートでは、
プロが為替レートのどの辺で、
今後の為替の流れを変える重要な分起点となるのか
ということも言及していることが多いです。

為替レポートは重要ですか?A

このポイントとなるレートを知ることによって、
利益確定や損切りの目安となる
レートを知ることができるので、とても重要になります。

為替レポートの注目点は?

為替レポートには、
為替の大きな流れや、
注目すべきニュースについても
書いてあるものが多いです。

 

また、
「本日発表の米GDP速報に注意」
などのコメントがあるものもあります。

 

さらに、為替レポートで、
本日のレート予測をしているケースもあります。

 

なお、レポートの情報を
100%信じるのは危険ですが、

 

為替取引の場合は、
大きな流れを読み違えない限りは、
大きな失敗をする可能性は小さいですから、
トレードの参考としては使えると思います。

 

スポンサーリンク

損切りとは何ですか?

損切りというのは、
損失が膨らまないように、
早めに損を確定させる(決済する)ことをいいます。

 

1円為替レートが不利に動くと、
1,000ドル取引の場合には、1,000円の損失が生じます。

 

また、10円為替レートが不利に動くと、
これが1万円の損失になります。

 

さらに、1万ドル取引の場合には、
これの10倍の損失になります。

 

なので、1,000ドル取引の場合には、
あまり損切りすることは考えなくてもよいかもしれませんが、

 

1万ドル取引になると
損失も大きくなる可能性がありますので、
損切りしたほうがよい場合もあります。

 

スポンサーリンク