ローソク足の見方・売買戦略は?

ローソク足とは何ですか?

ローソク足というのは、
チャートの基本になるチャートのことです。

 

テクニカル分析によって、
相場のトレンドを読めるようになるためには、
まずはこのローソク足が読めなければなりません。

ローソク足の見方は?

ローソク足は、基本的には
大きな足から見ていきます。

 

つまり、次のように、
必ず時間軸の長いものから
順に見ていくということです。

 

⇒ 月足 → 週足 → 日足 → 60分足 → 30分足 → 10分足 → 5分足

 

ここでは、木を見て森を見ずにならないように、
まずは大きな物を見てから、
さらに細かい部分を見ていくのが基本になります。

 

チャート分析では、
大きな為替の流れをつかんでから、
現在の細かい為替の動きを見ることで、
実際の売買戦略を立てていくことが基本となります。

 

例えば、ユーロやポンドなどを、
月足→週足→日足の順に見てみると、
比較的長くトレンドが続いているということがわかると思います。

 

実際にトレードをする際には、
この動きに素直についていくようにすればよいのです。

ローソク足での売買戦略は?

ローソク足では、
トレンド(方向性)を確認して、
トレンドに沿った売買を仕掛けます。

 

つまり、トレンドが上昇なら「買い」
トレンドが下降なら「売り」が基本戦略となります。

 

ただし、トレンドというのは、
永遠に続くわけではありません。

 

1年分の為替チャートをなどを見ると、
数週間ごとに反転して
上下動を繰り返しているのがわかると思います。

 

スポンサーリンク