MACDとRSIの組み合わせとは?

MACDとRSIを組み合わせる?@

テクニカル指標には、
順張り系と逆張り系がありますが、

 

それぞれ得意な局面と、
不得意な局面があることから、
単独で使用すると
「ダマシ」にあうことも少なくありません。

MACDとRSIを組み合わせる?A

そこで、異なる2つのタイプの指標を
組み合わせることによって、
精度を上げて勝率を高めることが可能になります。

 

乖離

 

スポンサーリンク

MACDとRSIの組み合わせ

MACDは順張り系の指標、
RSIは逆張り系の指標ですが
これらを組み合わせることで勝率を高めます。

 

RSIですが、この指標の計算方法は、
一定期間におけるレートの上昇幅と
下落幅の平均値の合計に占める、
上昇幅の平均値の割合とされています。

 

そして、一般的に
その際のベースとなる期間については、
14日が多くなっています。

 

しかしながら、
為替のトレンドは長く続く傾向がありますので、
40日を使うこともあるようです。

 

RSIでは、過去のデータから見て、
75%以上の買われすぎゾーンである
高値圏にきたら投資額を減らします。

 

ただし、強い上昇トレンドの時には
RSIが高値圏であっても、
それ以上にどんどん上昇していくこともあります。

 

そこで、トレンドを見るMACDを併用するのです。

 

仮に高値圏で、
しかもMACDが売りサインを出しているということであれば、
自信を持って売ることができます。

 

もちろん、100%売る必要はありませんが、
少しずつ売ってポジションを減らしていくとよいと思います。

 

ちなみに、この高値圏にあるときというのは、
これから「下がる」のではなく、
「下がる環境にある」ということなので、

 

たまたま何かのニュースなどが出たときには、
ドカンと大きく下げる可能性があると考えるのです。

 

スポンサーリンク