オシレーター系(逆張り系)とは?/トレンド転換を予測するには?

オシレーター系(逆張り系)とはどのような指標ですか?

オシレーター系(逆張り系)には、
代表的なものとして、次のような指標があります。

 

■RSI 
■RCI 
■ストキャスティクス...など

オシレーター系の指標の見方は?

これらオシレーター系の指標の見方としては、
およそ20〜30%を下回ると売られすぎなので、
「買い」のサインとみなします。

 

反対に、
70〜80%を上回ると買われすぎなので、
「売り」のサインとみなします。

 

つまり、例えば、上昇基調で
どんどんレートが上がってきて、
これ以上は上がらないだろうと思った時に、

 

オシレーター系の指標が80%程度であれば、
「売り」と判断するのです。

 

ただし、為替の場合は、
反転するのを待ってからの
「買い」または「売り」が基本になります。

 

というのは、そのまま下落、
あるいは上昇することも多々あるからです。

 

とはえい、少しくらい出動が遅れたとしても、
トレンドには十分ついていけますので、
あせらずに判断するようにしたいところです。

 

なお、オシレーター系の指標というのは、
トレンドの途中で見てしまうと
ダマシもあって混乱しますので、
そろそろ反転しそうだと思ったときに見るのが有効です。

 

スポンサーリンク

トレンドの転換を予測するにはどうしたらよいのですか?

およそ同じトレンドが10日以上続いたら、
そろそろ反転するのでは…
と疑ってみるようにしたり、

 

前回どのあたりのレートで反転したか、
つまり前回の安値を確認し、
そのあたりのレートになったら注意する
というのもよいと思います。

 

そして、反転しそうだと思ったときに、
オシレーター系(逆張り系)
と呼ばれるチャートを見るようにします。

ローソク足とオシレーター系による売買戦略は?

ローソク足でトレンドを見て、
RSIやストキャスティクスなどの
オシレーター系指標で、

 

買われすぎ、
あるいは売られすぎを判断する
というのが売買戦略の基本になります。

 

ちなみに、この売買戦略は、
数週間ごとにトレンドがはっきり出る
ポンドやユーロなどで上手くいきやすいです。

 

スポンサーリンク