移動平均乖離率とローソク足を組み合わせる

移動平均乖離率とはどのような指標ですか?@

移動平均乖離率というのは、
基準となる移動平均線※から、

 

今の為替相場が
どれくらい乖離しているのかを
%であらわしたものです。

移動平均乖離率とはどのような指標ですか?A

乖離

 

相場は移動平均線から極端に乖離すると、
移動平均線に向けて、
引き寄せられるように動く習性がありますので、
移動平均乖離率が大きくなりすぎた時には、
買い時、あるいは売り時と判断できます。

 

ちなみに、この移動平均乖離率は、
ボラティリティの高い(変動の激しい)通貨で
使用すると効果的です。

 

※一般に25日移動平均線がよく用いられます。

 

スポンサーリンク

移動平均乖離率とローソク足の組み合わせ

例えば、移動平均乖離率が、
−10%以上になるというのは、
変動率の大きい通貨であってもかなり大きな乖離といえ
異常事態であると判断できます。

 

一方、これがドル/円のような変動率の小さい通貨でしたら、
±5を超えると異常事態です。

 

このような異常事態では、
短期的なリバウンドが期待できます。

 

こういった場合には、念のため、
さらにローソク足を組み合わせてみて、
長い下ヒゲがでていたら、

 

こちらでも買いサインがでていることになりますので、
信頼性がぐっと上がることになります。

 

スポンサーリンク