FXのシステムリスクとは?

FX会社のリスクとは?

FXのリスクにはさまざまなものがあります。

 

FX会社の中には、悪徳業者も存在していますので、
多額の資金をFX口座に入れるのは危険です。

 

はじめは、どれだけ資金がたくさんあっても、
失敗する可能性もありますので、
とにかく少額から始めることをおすすめします。

FXのシステムリスクとは?

FXは、基本的にはネット取引※です。

 

なので、コンピュータのシステムリスク
というのが常につきまといます。

 

例えば、為替が急激に変動した場合には、
ある種のパニック状態になりますので、
みんなが取引画面を開こうとします。

 

すると、この負荷に耐えきれなくなり、
コンピュータのサーバーに支障が出たりして、
取引画面にログインできないこともあります。

 

こうした際でも、きちんとストップオーダー
(逆指値注文 or 損切り注文)
を入れてあれば、特に問題はないのですが、

 

ストップオーダーを入れていない場合は
大変なことになってしまいます。

 

FXは24時間取引ですから、
損失は加速度的に膨らんでいき、
ログインできた時には、
想定していないほどの損失が出ていたり、

 

あるいは、すでに
強制決済になっていたりする可能性もあるのです。

 

FXにはこうしたリスクがありますので、
ストップオーダーは必ず入れておきたいところです。

 

また、ある程度資金が増えてきたら、
その都度出金しておくことも大切です。

 

※トラブル時には、ほとんとの業者が電話対応しています。

 

スポンサーリンク