分別管理と資金移動/海外のFX会社は?

分別管理とはどのようなものですか?

通常は、FX会社に預けている資金※は、
たとえFX会社が倒産したとしても、
別の信託銀行などで
保管されていますので戻ってきます。

 

このことを分別管理といいます。

 

※FX口座に入っている投資家の資金のことです。

ネット上の資金移動とは?

FX口座については、
比較的簡単に、ネット上で
資金移動を行うことができますので、

 

儲けが出たら、その都度出金して
別の銀行口座で管理することができます。

 

つまり、ネット銀行※と提携している
FX業者の場合でしたら、
リアルタイムで24時間、

 

口座間の資金移動ができるので、
自分自身の口座で
分別管理することも可能になるのです。

 

ちなみに、手数料も無料のところもあります。

 

よって、FX口座を開設する時に、
すぐに資金移動ができるネット銀行の口座も
同時に開設しておくと、
資金管理(リスク管理)がとても楽に行えるようになります。

 

※大手銀行などもネット取引可能です。

 

スポンサーリンク

海外のFX会社はどうですか?

FXは、欧米やシンガポールなどでは、
従来から取引されていました。

 

なので、FX業者の中には、
日本語のホームページを開設しているけれど、
実際の運用会社自体は、
アメリカなど海外に存在する場合もあります。

 

また、海外に拠点のある会社の特徴として、
手数料が安いということがあります。

 

しかしながら、日本支店があり、
日本国内の会社と同様であれば問題ないのですが、

 

そうでなければ、
海外の会社を利用する場合は、

 

よほど英語に自信があったり、
その国に頻繁に行く予定のある人以外は、
やめておいた方が無難です。

 

というのも、次のような問題があるからです。

 

■海外送金などの問題があること
■結局入出金にお金がかかること
■入出金に時間がかかること
■そのFX会社が倒産してしまった場合に、自分の資金を取り戻すのが困難なこと...など

 

スポンサーリンク