日本の季節要因と為替相場の変動

日本の季節要因が為替相場に与える影響は?@

日本の季節要因が、為替相場に与える影響としては、
次のようなことが考えられます。

 

■ゴールデンウィーク・夏・年末
■ボーナスシーズン
■企業の決算シーズン

 

では、以下、具体的にみていきたいと思います。

日本の季節要因が為替相場に与える影響は?A

■ゴールデンウィーク・夏・年末
ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始には、
海外旅行に出かける人が急増しますので、
円を外貨に替えるという需要があります。

 

具体的には、現金をもっていく場合は、旅行前に、
カードを使う場合であれば、旅行後に、
それぞれ円を売って外貨を買うという動きが活発に行われます。

 

つまり、こうした旅行のハイシーズンの前後には、
円安になりやすいということになります。

 

■ボーナスシーズン
一般的に6月と12月は、
日本のボーナスシーズンにあたります。

 

この時期金融機関が
一斉に金融商品のキャンペーンを行うことから、
金融商品にお金が集まりやすくなります。

 

最近は、外貨預金などの
外貨建て金融商品のキャンペーンも増えていますので、
まとまった円売り・ドル買いがでることがあります。

 

よって、この時期は、
円安に進みやすいということになります。

 

■企業の決算シーズン
日本企業の多くは、
3月が本決算、9月に中間決算が行われます。
これにあわせて投資活動も行われることが多いです。

 

例えば、4月や10月は、
新規の投資資金を用いた投資が行われますが、
このうちのいくらかは海外投資へと向かいますので、
円売りドル買いが生じます。

 

反対に、3月や9月は決算期末なので、
その期の投資活動で得た利益を確定させるために、
海外に投資している分をいったん清算して、
国内に戻す動きが出やすくなります。

 

つまり、この時期は、ドル売り・円買いの動きがでるので、
円安要因になります。

 

スポンサーリンク