為替差益とは?

為替差益とは?

FXで利益を上げる方法としては、次の2つの方法があります。

 

(1) 通貨を売り買いして為替レートの変動によって差益を得る方法
(2) 2通貨間に生じる金利差(スワップポイント)で利益を得る方法

 

そして、為替差益というのは、(1)の方法になります。

具体的には?

例えば、
日本円を100万円持っていたとします。

 

このとき、ドルが上昇して
1ドルが100円から120円になったとしても、

 

円を保有している場合には、
100万円は100万円ですので、
利益はまったくありません。

 

しかしながら、1ドル=100円のときに、
持っている100万円を1万ドルに替えている場合には、
1ドル=120円になれば、
確実に円資産が増えます。

 

つまり、1ドル=120円のときに、
再びドルを円に替えると120万円になり、
20万円の利益が出ます。

 

為替差益というのは、このように、
ある通貨Aから他の通貨Bに交換して、
再び、通貨Bを通貨Aに交換したときに
得られる利益のことをいいます。

 

交換した通貨Bが、
当初保有していた通貨Aよりも高くなれば、
為替差益が出るということになります。

 

ちなみに、新聞記事などで、
「円安ドル高になり、輸出企業の経常利益が何百億円増加」
といった文言を見たことがあるかもしれませんが、

 

この場合の利益というのは、
期初に想定していた為替レートよりも円安ドル高になったので、
対米向けの売上高が増加し、
経常利益が増えたということを意味しています。

 

スポンサーリンク