日本と欧米の企業の動向は?/米国企業の決算とドル高...

日本と欧米の企業の決算期は?@

日本と海外と比較すると、
企業の決算時期や各国の休日が異なります。

 

日本の多くの企業では、
4月から翌年3月までが
1年という決算期間を採用しています。

日本と欧米の企業の決算期は?A

一方、欧米の企業は、12月決算が多く、
1月から12月までを1年としています。

 

また、最近は、
11月を決算期としている企業も増加しています。

 

さらに、日本では半期決算が多いですが、
欧米では、多くの企業が
四半期決算を採用しています。

 

よって、日本の企業が
決算に向けて為替取引をするのは、
多くても年2回ということになりますが、
欧米では年4回あるということになります。

 

スポンサーリンク

日本と欧米の決算期とポジションの関係は?

機関投資家は、
決算に向かってポジションを縮小することが多いので、
相場も決算手前の時期は、
それまでの動きと反対の動きとなることがあります。

 

具体的には、3月、6月、9月、12月の
それぞれの上旬から中旬が、こうした時期に該当します。

 

特に、年度の最終月である12月が重要になります。

 

反対に、期の初めにあたる
1月、4月、7月、10月になると、
新規のポジションを積極的につくり始めるため、

 

日本では正月休みですが、
海外では大きく相場が動くことになります。

米国企業の決算とドル高

米国では、企業のグローバル化が進み、
雇用が政治問題化するほど、
多くの企業が海外に拠点を移しています。

 

このような企業は、1年が終わりに近づくと、
稼いだ利益を本国のアメリカに送金します。

 

つまり、これは、12月になると
アメリカの企業が世界中の国々で稼いだ利益を
ドルに替えてアメリカに送金するので、

 

ドル買いが多く発生し、
ドル高要因になるということです。

 

スポンサーリンク