下半期の相場の季節要因は?

下半期の相場の季節要因としてはどのようなものがあるの?@

下半期の相場の季節要因は、
次のようなものです。

 

■7月
とくに大きなイベントはありません。

下半期の相場の季節要因としてはどのようなものがあるの?A

■8月
8月は夏休みシーズンですが、
欧米では、1か月程度の休暇をとる人もいるため、
企業の活動は鈍化し、
全体的に、相場は比較的閑散となります。

 

基本的に、6〜8月は、
相場は閑散とすることが多いです。

 

ただし、数年に1回ですが
ロシア危機などの大事件が起きていますので、
そういう年は、
大きく動きますので注意が必要になります。

 

■9月
9月は日本企業の中間決算期です。
それと同時に、欧米企業では、四半期決算期です。

 

相場の動きは、3月に似たような動きとなります。

 

■10月
日本企業は下期の始まりなので、
4月と似たような動きとなると考えておくとよいです

 

■11月
一部の欧米企業では決算期にあたりますので、
11月中旬は注意が必要になります。

 

11月後半は、米国の感謝祭によって休暇となります。
そのため休暇前は、
ポジション調整の動きが起こることが多いです。

 

■12月
12月は欧米企業の決算期なので、
前半は決算に向けて、
機関投資家のポジション調整が起こります。

 

これによって、それまでの相場の動きとは
反対の動きになることも多いです。

 

12月中旬以降は、
外資系金融機関のトレーダーが休暇に入るなど、
閑散としてきます。

 

また、クリスマス前後は、ほとんど動きがなくなります。

 

欧米企業の自国内への利益送金が起こるので、
円安になりやすいといえます。

 

12月28、29日頃から本格的に相場が動き始め、
年末年始の動きにつながっていきます。

 

スポンサーリンク