日本時間の午前中〜午後〜深夜の値動きは?

日本時間の午前中の値動きは?@

日本人の午前中は、
公示レート※が発表される、9時55分までが山場です。

 

この時点で、企業から
決められた公示レートでの売り買いが持ち込まれるので、

 

ドル買いが多い日はドル高円安に、
ドル売りが多い日はドル安円高になりやすくなります。

日本時間の午前中の値動きは?A

そして、この時間が過ぎると、
次第に相場は落ち着きを取り戻していきます。

 

※公示レート・・・
例えば、個人が銀行を通じて
外貨の両替を行う場合に適用される為替レートのことです。

 

TTSとかTTBなど、このレートは原則として、
1日に1回の割合で決められるもので、
このレートを用いて、
輸出や輸入などの決済が行われることがあります。

 

スポンサーリンク

日本時間の午後の値動きは?

日本時間の午後は、
東京のディーラーは昼食後ということもあり、
かなり静かな相場となります。

 

午後3時前後になると、
ヨーロッパ勢がマーケットに参加し始めるため、
再び取引が活発になっていきます。

 

ちなみに、
その後の3〜4時間は、ロンドンの午前中にあたります。

日本時間の夜の値動きは?

日本時間の午後7〜8時前後から1〜2時間は、
ロンドン市場も昼時になるので小休止となります。

 

その後、ニューヨーク市場が開く
午後9時(or 10時)頃から取引が本格化していきます。

 

そして、
夜中の1〜2時頃までが、最も激しく動く時間帯となります。

日本時間の深夜の値動きは?

日本時間の深夜1〜2時頃になると、
ロンドンのトレーダーたちが1日に仕事を終える時間になるため、
マーケットは再び落ち着きを取り戻していきます。

 

その後は、ニューヨーク時間の午後5時に向けて
1日のポジション調整が行われることから、
若干値動きが見られますが、
基本的には取引は閑散としたものになっていきます。

 

スポンサーリンク