政治ニュースと為替変動

政治ニュースと為替変動@

一般的に、日本人は、
政治関連のニュースには、あまり反応しませんが、

 

アメリカ人は、政治関連のニュースに、
異常に反応します。

 

ヨーロッパ人は、日本人とアメリカ人の
中間くらいといったところです。

政治ニュースと為替変動A

例えば、東京時間に、
円安材料になるような
日本の政治関係のニュースが報道されたとしても、

 

日本人は、
政治に対しての関心が薄いので、
あまり目立った反応は見られなかったりします。

 

そして、その後、その日のニューヨーク市場に
取引の中心が移ってから、
大きく円安になったりすることがあります。

 

反対に、
ニューヨーク市場で、ニュースが出た場合には、
全く異なった展開になることがあります。

 

例えば、
円安材料となる政治関係のニュースが出た場合、
ニューヨーク市場では
すぐに反応して円安に進みますが、

 

その流れを受けた東京市場では、
日本人は、
ほとんど反応しないというようなケースです。

 

このケースの場合は、
日本人の反応を見てがっかりした米国のヘッジファンドが、
失意のまま円を買い戻すために、
円高に進むということもあります。

 

つまり、たとえ材料は同じでも、
国民性によって、反応が異なるということが言えるのです。

 

スポンサーリンク