貿易取引(実需)の短期的な相場への影響は?

実需の短期的な相場への影響は?@

貿易取引(実需)については、
多少の変動はありますが、
それほど大きくブレることはありません。

 

日本の経常収支ですと、およそ毎年13兆円前後の
経常収支の黒字がありますが、

 

その年により
1〜2兆円程度の変動があるという感じです。

実需の短期的な相場への影響は?A

つまり、貿易収支というのは、
短期的には
相場を大きく動かすだけの材料には
なり得ないということがえいます。

 

ただし、これは、
経常収支の黒字部分のみを見ると、
日本という国は
常に円高リスクを持っているともいえます。

 

毎年、13兆円ものドルが売られ、
円が買われているわけですから、

 

短期的には
相場を動かす要因とならないとはいえ、
長期的に見れば、
ボディーブローのように効いてくるとも考えられます。

 

ちなみに、長い目で見れば、
貿易収支の黒字も
為替相場に影響を与えることもあるかもしれませんが、

 

実際に、それほど長期で
為替相場を見ている市場参加者はいないと思われます。

 

多くの市場参加者は、
2〜3か月先の相場がどうなるのかということを
頭において取引しているからです。

 

よって、まず注目されるのは、
資本の動きがどうなるのかということだといえます。

 

スポンサーリンク