貿易取引(実需)が注目されるのは?

貿易取引(実需)が注目されるのは?@

貿易取引は、
材料として注目されるときと、
そうではないときがあります。

 

例えば、バブル期のように、
投資が活発に行われているときには、
資本取引の金額が一気に膨れ上がります。

貿易取引(実需)が注目されるのは?A

これにより、相対的に
貿易取引の占める割合は小さくなりますので、

 

日本の貿易黒字のことに
市場関係者は
あまり関心がなくなっていくのです。

 

しかしながら、金融不安やテロなどの
突発的な事件や事故などが生じて、
リスク回避の流れが高まっていくと、

 

それまでの投資意欲が減退し、
資本取引の金額は縮小し、
今度は相対的に
貿易取引の占める割合が高くなっていきます。

 

こういう状況のときに、外国為替市場では、
日本の貿易取引などが
材料として注目されることになります。

 

つまり、貿易取引が材料として注目されるのは、
資本取引(投資と投機)が閑散なときだけであって、
主役はやはり資本取引ということです。

 

投資の材料は様々ですが、
資本取引が大きく拡大すれば、
相対的に貿易収支に対する関心が薄れ、

 

反対に
投資するための材料がないときは、
市場参加者が
何か相場を動かすための材料を探すので、

 

たまたま相対的に大きく見える貿易収支が
注目されるということなのです。

為替介入の流れは?

当局による為替介入も、資本取引のひとつです。

 

例えば、日本の財務省ですと、
ドル買い介入をした場合は、

 

買ったドルは
銀行に預金として預けられたり、
アメリカの債券を購入して、
それらが外貨準備としてストックされています。

 

また、反対に、円安を食い止めるために
ドル売り介入を行う場合は、

 

その外貨準備の一部を取り崩して、
外国為替市場で売るための
外貨を確保するという流れになります。

 

スポンサーリンク