直接投資と間接投資/証券投資と円高・円安

直接投資とは?@

直接投資というのは、
不動産購入や企業買収など、
直接、物を売買することに関わる取引のことをいいます。

 

例えば、外資系ファンドが、
日本企業を買う場合には、手持ちのドルを円に替えて、
日本の売主に支払いをします。

直接投資とは?A

よって、外資系ファンドによる
日本企業の買収が活発になると、
外国為替市場では、円買いが増えるので、
円高に向かいやすくなります。

間接投資とは?

間接投資というのは、
基本的には、金融商品への投資のことです。

 

例えば、外貨による預金や、
海外の株や債券の売買などが該当します。

 

ちなみに、株や債券などの
有価証券を売買することを証券投資といい、
次のような
対外証券投資と体内証券投資があります。

 

■対外証券投資
日本の投資家が海外市場の有価証券投資を行う場合を
「対外証券投資」といいます。

 

■対内証券投資
外国人投資家が日本の株式や債券を売買することを
「対内証券投資」といいます。

 

スポンサーリンク

証券投資と円高・円安

対外証券投資の金額が
対内証券投資の金額を上回っている場合は、
円を売って外貨を買う動きの方が大きくなりますので、
円安要因になります。

 

反対に、
対内証券投資の金額が
対外証券投資の金額を上回っている場合は、
外貨を売って円を買う動きの方が大きくなりますので、
円高要因になります。

 

ちなみに、対外証券投資と対内証券投資の金額は、
それぞれ公表されています。

 

そして、ヘッジファンド、
機関投資家、個人投資家などが行う
投資や投機の多くは、株式や債券などの
金融商品の売買を通じて行われます。

 

ただし、このような投資行動というのは、
現地通貨の借入れによって行われたり、
為替リスクを100%ヘッジして投資する場合もあるので、
数字をそのまま鵜呑みにしないようにしたいところです。

 

スポンサーリンク