企業買収の為替取引

企業買収の為替取引@

企業を買収する際には、
次のようなパターンで、
それに必要な資金を確保する必要があります。

 

■手持ち資金を外貨に替えて資金にするケース
このケースが一番単純なケースになりますが、
この場合は、実際に為替取引が行われますので、
多かれ少なかれ相場に影響を与えます。

企業買収の為替取引A

■現地で資金調達するケース
例えば、日本企業が米国企業を買収するときに、
米国でドル建ての社債を発行して、
買収に必要なドル資金を集めるという方法にです。

 

■株式交換を使って企業買収を行うケース
増資によって自社の株式を発行し、
その株式を買収のターゲットである企業に渡すという方法です。

 

ちなみに、現地で資金調達するケースと、
株式交換のケースでは、為替取引は発生しません。

 

ただし、実際の企業買収では、
上記の3つの方法を組み合わせて行われる場合が多いので、
直接投資が活発になったからといって、

 

実際にどの程度、
為替相場に影響を与えるのかというのは
わかりにくいといえます。

 

よって、大型買収案件の噂に乗じて
相場を動かそうとするファンド等によって、
一時的に為替相場が動くこともあります。

 

しかしながら、その後、
現地で買収資金を調達したり、
株式交換を用いたりするなど、

 

為替取引が発生しない買収だということがわかると、
外国為替市場には失望感が漂い、
一気に相場が反落する場合もあります。

 

このような場面で、最初の動きについていってしまいますと、
結果的に、相場の反落のときにやられてしまいがちですので、
注意が必要です。

 

スポンサーリンク