クリントン政権の為替政策は?/FOMCとは?

クリントン大統領の第一期は?@

クリントン大統領の第一期は、
日米貿易摩擦が盛り上がっていた時で、

 

当時は、
日本の貿易黒字が
クローズアップされていました。

クリントン大統領の第一期は?A

そして、貿易不均衡は
通貨の強さによって是正されるという見解が
注目されていたこともあり、

 

当時の米国は日本に対して、
規制緩和によって内需拡大を行わなければ、
円高に進めるつもりである
というプレッシャーをかけてきました。

 

そのため、1995年4月には
1ドル=79円台まで円高ドル安が進みました。

 

ちなみに、このときの財務長官は
ベンツェン氏でしたが、
彼は産業界出身だったこともあり、

 

ドルを安くすることにより、
米国の産業界に
プラスになるような為替政策が取られました。

 

スポンサーリンク

クリントン大統領の第二期は?

米国では、為替政策は
財務長官に委ねられていますので、

 

どういった人物が
財務長官に就任するのかによっても、
為替政策に特色が出てきます。

 

クリントン大統領の第二期の財務長官は、
ロバート・ルービン氏でした。

 

ルービン氏は、
ウォールストリート出身だったこともあり、
強いドル政策を取りました。

 

ドルが強くなれば、
ウォールストリートにお金が集まり、

 

それにより、
金利が低下して株価が上昇するので、
最終的には景気がよくなるという考え方です。

 

実際、この為替政策により、
1998年には
1ドル=147年台にまで円安ドル高が進みました。

FOMCとは?

FOMCというのは、
連邦公開市場委員会のことです。

 

アメリカの連邦準備制度の金融政策に基づく
公開市場操作※の方針を決定します。

 

※マネーサプライの調節、金利や為替水準の誘導などです。

 

スポンサーリンク