中央銀行の為替介入とは?

中央銀行の為替介入とはどのようなもの?

通貨を安定させることは、
中央銀行の役割のひとつです。

 

なので、為替相場が極端に変動して、
実体経済に悪影響を与えると考えられる場合には、

 

中央銀行は為替市場で介入を行い、
市場を安定させようとします。

具体的な為替介入は?

日本では、為替介入の権限というのは、
ほぼ財務省がもっています。

 

形式上は、一応、
中央銀行である日本銀行にも権限はあるのですが、
実際は、
財務省が、すべてを決定すると考えてよいと思います。

 

新聞報道などでは、
「日銀が介入を実施」
というような表現がありますが、

 

実際に介入を指示しているのは財務省であって、
日銀は、あくまでも介入を執行しているにすぎないのです。

 

ちなみに、米国も、日本と同じで、
財務省が介入の方針を決定し、
FRBが執行を担当しています。

 

しかしながら、ユーロ圏の場合は
日本や米国とは異なり、
ECB(欧州中央銀行)が決定権を握っています。

 

これは、欧州ではユーロという共通の通貨を使用していますが、
財務省はそれぞれの国ごとにあるので、
それらの意見を集約するのは困難だからです。

 

よって、共通の中央銀行であるECBが管轄しているのです。

FFレートとは?

FFレートというのは、
日本のコール金利のことです。

 

また、FFレートは、
アメリカの代表的な短期金利、政策金利です。

FRBとは?

FRBというのは、
連邦準備理事会のことで、
アメリカの中央銀行のことをいいます。

 

スポンサーリンク