円売り介入と円買い介入

日本の為替介入は?

日本の為替介入には、
円売り介入と円買い介入とがあります。

 

円高に進んでいるときには、円売り介入、
円安に進んでいるときには、円買い介入
が実施されます。

円売り介入の場合は?

円売りの為替介入の場合は、
各銀行を通じて円を市場で売って、
ドルやユーロを買います。

 

まず、政府保証債を発行して円を調達し、
それを市場で売って外貨を購入します。

 

そして、購入したドルやユーロは、
そのまま外貨準備という形で残され、
銀行に預金したり、
米国債を購入したりして運用されます。

 

スポンサーリンク

円買い介入の場合は?

円売りの為替介入の場合は、
手持ちの外貨を市場で売って、円を市場から買います。

 

なので、手持ちの外貨がなくなってしまった場合には、
それ以上の介入ができなくなってしまいます。

 

つまり、為替介入が可能な金額は、
外貨準備の金額以内となるということです。

 

それを超える場合には、外国の中央銀行から
ドルやユーロを借りてくることなども可能ですが、
それでも限界はあります。

 

そういった意味では、
日本の当局(財務省)にとっては、
円高よりも円安の方が怖いということがいえます。

 

円高の場合には、
いくらでも円売り介入ができますが、
円買い介入については、
外貨準備の範囲内という限界があるからです。

 

よって、将来日本がインフレになって、
想定外の円安に加速したりすると、
日本は非常に危険な状態に陥る可能性もあります。

 

とはいえ、日本には、年間十数兆円規模の貿易黒字があり、
構造的に円高になりやすい体質といえますので、
あまり心配する必要はないのかもしれません。

 

スポンサーリンク