機関投資家と個人投資家

個人投資家の取引とは?@

証券投資を担う人というのは、
機関投資家と個人投資家とに分けられます。

 

このうち、個人投資家の取引は、
一般的に、一回あたりの取引金額が
比較的小さいので、

 

短期的には、それほどマーケットに
影響を及ぼさないといえます。

個人投資家の取引とは?A

ただし、例えば日本の場合には、
個人金融資産が、
およそ1,400兆円もあるといわれていますので、

 

そのうちの1%でも一度に動くと、
14兆もの金額が動くことになりますので、
その影響は無視できません。

 

よって、銀行の外貨預金の残高や、
外貨建て投資信託の残高推移などを見て、
個人投資家の動きも注視する必要はあります。

 

スポンサーリンク

機関投資家の取引とは?

機関投資家というのは、
人から預ったお金や、企業のお金を運用する
プロの集団のことをいいます。

 

日本の機関投資家のなかでも代表的なのが、
生命保険会社ですが、
1980年代後半から1990年前半には
「ザ・セイホ」として恐れられていました。

 

生命保険会社は、
保険料だけでなく、年金資金なども預り、
そのお金を運用しているのですが、

 

円で預っていますので、
基本的には国内での運用となり、
一部が海外での運用となります。

 

また、その一部は、
外国株式や外債で運用しているのですが、
円からこれらの外貨建て資産を購入する際に、
為替取引が発生することになります。

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析というのは、
価格形成を左右する要因のなかで、
基礎的な要因となるものを
分析する手法のことをいいます。

 

スポンサーリンク