「ザ・セイホ」とは?

「ザ・セイホ」とは?@

「ザ・セイホ」というのは、
代表的な日本の機関投資家のことです。

 

この「ザ・セイホ」が恐れられていた
1980年代後半から1990年前半には、
かなり派手な取引で
市場の注目を集めていました。

「ザ・セイホ」とは?A

具体的には、
外国株式や外国債券に投資すると同時に、
それらの為替リスクをヘッジするとの名目で、
為替の売買を繰り返していました。

 

つまり、機動的にヘッジをしたり、
はずしたりすることによって、
為替取引でも儲けようとしていたのです。

 

また、一度の数百億円から
千億円の金額で売買を繰り返していたので、
当時の為替相場には、大きな影響を与えていました。

最近の「ザ・セイホ」は?

「ザ・セイホ」は、バブルの崩壊とともに、
次第に慎重な取引となり、
最近では、軽妙な運用に変わっています。

 

保険料などの運用については、
外国の債券に投資するケースも、
その大部分は、フルヘッジ付きで買い付け、

 

償還や売却するまでは、
ほぼヘッジをはずさないで運用を継続させるので、
ほとんど為替相場に影響を与えなくなってきているのです。

 

ただし、ここ最近は、
ヘッジなしのオープンの投資を、
徐々に再開させている動きもあるようです。

 

スポンサーリンク

生命保険会社の年金資金の運用は?

生命保険会社の年金資金の運用というのは、
保険料の運用とは異なります。

 

民間の年金基金などは、
その資金の運用を生命保険会社や、
信託銀行、投資顧問会社などに委託しています。

 

そして、年金基金は、基本的に
為替リスクをヘッジしないで運用するので、
どの運用機関に委託しても
為替ヘッジを求めることはありません。

 

なので、生命保険会社なども、
年金の運用に際しては、

 

ポートフォリオに組み入れる
外国株式や外国債券の金額分だけ、
為替取引が発生することになります。

 

よって、バブルのピーク期のように
派手な取引はしませんが、

 

年度末に向けての利食い売りや、
年度始めの新規投資などを行う際に、
集中的に為替取引が発生することになり、

 

それが為替相場を大きく動かす要因となることがありますので、
注意が必要になります。

 

スポンサーリンク